10月31日公募締切 次世代省エネ建材支援事業

工期短縮可能な高性能断熱建材や蓄熱、調湿等の付加価値を有する省エネ建材を用いた住宅断熱リフォームの補助事業として、

本年度よりスタートした「次世代省エネ建材支援事業」の二次公募がスタートしました。

一次公募に比べ、申請要件が緩和され、より申請しやすくなりました。


【対象住宅】 戸建住宅・集合住宅 

        (新築住宅、社宅・寮、業務用建物は除く。集合住宅は住居部のみ。)


【補助対象】 必須:断熱パネル改修、潜熱蓄熱建材施工 のいずれかまたは両方

       任意:断熱材、玄関ドア、窓(カバー工法または内窓専用製品に限る)、ガラス、調湿建材

                           ※必須建材と同時に導入する場合に限り補助対象


【補助率】  補助対象経費の1/2以内

       

【補助金上限額】 戸建住宅:200万円/戸

         集合住宅:125万円/戸


【補助金下限額】 20万円/戸(補助対象経費の合計が40万円/戸以上)


【公募期間】 2018年8月1日(水)~ 2018年10月31日(水)(先着順・予算に達し次第終了)


詳しくはこちらをご確認ください。