停電時 太陽光発電の自立運転に関して

資源エネルギー庁より、停電時の太陽光発電の活用に関して発表がありました。

  ご自宅の屋根などに太陽光発電パネルを設置されている方は、停電時でも太陽光発電パネルの「自立運転機能」で電気を使うことがきます。

 自立運転機能の使用方法は、以下のとおりですが、メーカや機種により操作方法が異なる場合もありますので、必ず取扱説明書をご確認ください。


 <自立運転機能の使用方法>

① 自立運転用コンセトの位置を確認する。
② 取扱い説明書で「自立運転モード」への切り替え方法を確かめる。
③ 主電源ブレーカーをオフにする。
④ 太陽光発電ブレーカーをオフにする。
⑤ 「自立運転モード」に切り替える。
⑥ 自立運転用コンセトに必要な機器を接続して使する。
⑦ 停電が復旧した際は、必ず元に戻す。(自立運転モード解除⇒ 太陽光発電用
  ブレーカーをオン⇒ 主電源ブレーカーをオンの順で復帰)


 <シャープ>

壁付けリモコンでの操作をしてください。

リモコンの取扱説明書はこちらからご確認いただけます。


 <パナソニック>

屋内パワコンの場合、パワコン本体の操作を行ってください。

切替方法に関してはこちらからご確認いただけます。


 <東芝>

切替方法に関してはこちらからご確認いただけます。